海外安全マニュアル

海外安全のための基礎知識

日本と違う海外安全事情

わが国は世界の中でも大変治安の優れた国です。その環境の中で生活している日本人が海外に渡航した際、想像もしない事故、事件に巻き込まれるケースが非常に多く見受けられます。海外では日本と違った危険がいっぱい、日本人旅行者は常に事故、事件と隣り合わせているといっても過言ではありません。
海外旅行の際、旅行者一人一人が海外での安全に対する「知識」と「意識」を強く持ち、安全対策を講じることが大切です。

渡航先の十分な情報と知識を持って

渡航先の治安状況や犯罪の傾向と手口、法律や習慣を事前に知ることで、多くの事故・事件は防ぐことができます。渡航前には、渡航先に関する治安状況や安全対策等について情報を収集し、予備知識を習得しておきましょう。

意識を海外モードに

事前に収集した知識を実際の危機回避に生かすためには、「私は海外にいるんだ」という意識を持っていなければなりません。こうした「意識」が突然起きる危機に遭遇した場合に、とっさの判断や行動で被害を防ぐ、あるいは被害を最小限にとどめることを可能にします。

「自分の身は自分で守る」ための心構え

危険な場所には近づかない

「危険な場所」には、先ず内乱、クーデター、テロ事件などにより政情が不安定で渡航を控える必要がある、あるいは渡航に際して特別の注意が必要という意味での「危険な場所」があります。これらについては、渡航先の決定には特に慎重な検討が必要です。また、そのような「危険な場所」でなくても、狭い範囲で強盗などの凶悪犯罪が多発する場所もあります。これらについては、危険の性質や度合いを十分調べて、不用意に近づかない、夜間の外出や一人歩きを避けるなどの行動が大切です。 また、少し長期になると現地の生活になれますが、「慣れ」と「過信」はむしろ大きな危険があると考えて、決して油断しないことです。

目立たない、敵をつくらない

周囲に馴染まない派手な服装や、ブランドもののバッグなど装飾品を身につけていると、犯罪者から見ると「ターゲット」になりやすいので、目立たないよう気をつけることが大事です。また、やや長期に滞在する場合、現地の友人などと融和することを心がけるよう努め、いずれにしても「敵」をつくらないように振舞うことが肝要です。

多額の現金、貴重品は持ち歩かない

外国人から見ると日本人は多額の現金や貴重品を身につけていると思われ、財産犯罪のターゲットにされるケースが多くあります。現金・貴重品を袋に入れ首からシャツの下につるしたり、上着の内側のポケットに収納して持ち歩く場合でも、強盗に奪い取られるケースも見られます。外出する際には、現金・貴重品は必要な額だけにし、買い物・食事などにはトラベラ―ズチェックやクレジットカードを使うなどの工夫をし、現金・貴重品はできるだけ持ち歩かずに、ホテルのセーフティボックスに預けましょう。また、旅券については、コピーの携帯を認められている国もありますので、それらの国では、旅券自体を持ち歩かずコピーを携帯し、旅券は安全な場所に保管しておきましょう。 なお、クレジットカードについては、スキミングの犯罪も発生しており、一端悪用されると経済的損失のみならず、その後の処理に多大のエネルギーを要するので、その扱いには十分な注意が必要です。

犯罪にあっても抵抗しない

海外では犯罪者の多くが凶器を所持しています。また、犯罪者はグループで犯行に及ぶことが多く、一見単独に見えても近くに仲間がいる可能性が高いものです。特に、強盗にあった場合、犯人の要求に応じないと、犯人を苛立たせてしまい、凶器を使用されてしまう可能性が高くなります。
万一、犯罪にあってしまったら生命の安全を第一に考え、犯人の要求にできるだけ抵抗しない態度を示すことが必要です。 なお、その際、後に警察に被害届を出すときのために、犯人の特徴や犯行の状況をできるだけ記憶しておくことが大切です。

見知らぬ人を無条件で信用しない

海外での犯行手口は多種多様で巧妙です。優しく声をかけられてチョットした気の緩みから、詐欺事件にあう旅行者がたくさんいます。睡眠薬強盗、いかさま賭博、偽ガイドなど様々な犯罪がありますから、少しでも怪しいと感じたら「ノー」とはっきり断ることが大切です。
旅行先で現地の人たちと知り合うのは旅の醍醐味ですが、その人の家に行ったり、すすめられたモノを食べるようなことはやめましょう。

買い物は信用のおけるショップを選ぶ

外国人旅行客を狙った悪質な店がありますから注意が肝心です。「品物が粗悪」、「注文通りではない」などクレームをつけたり、弁済を求めてもこちらの要求に応じないことなどがあります。
また、粗悪品を高く売りつけたり、クレジットカードでの支払いの際にスキミングされるなど悪用されることもあります。カードにサインをする前に金額が正しいか、通貨の単位が記入さているかを確認することはもとより、キャシャーの面前でカード支払い手続きが行われるよう良く注視しておくことが肝心です。買い物に出かける前に、ホテルのコンシェルジェなど信用のあるお店を紹介してもらうのもひとつの方法です。

ホテルの中でも安心しない

ホテルの中も危険がいっぱいです。ロビーでの置き引き、エレベーターや部屋の中で強盗の被害にあうこともあります。特に、格安ホテルではセキュリティーも不十分なため同宿者による窃盗も多く発生しております。
また、高級といわれるホテルでも、従業員を装って犯行に及ぶ場合もあります。部屋にいる時は、必ずドアーチェーンを掛け、ノックされても不用意にドアーを開けずに、先ず来訪者の確認をするといった防犯対策を心がけることは旅のイロハと考えてください。

渡航者援護件数グラフ(出典:2013年外務省海外邦人援護統計および外務省資料)

画像をクリックすると、拡大表示されます。

  • グラフ

    ■参考1
    2013年邦人援護件数・人数の推移(過去10年間)

  • グラフ

    ■参考2
    2013年海外邦人援護件数の事件別内訳

  • グラフ

    ■参考3
    2013年海外邦人援護件数の地域別内訳