開催予定の講演会・セミナー情報

現在、開催予定の講演会・セミナーは以下のとおりとなっております。

講演名 1月講演会「中東の新たな激動と海外安全対策」
日時 2018年 1月 29日(月) 15:00~16:15 (14:20受付開始)
定員 90名
受講料 2000円(JOSA法人・個人社員は無料) 当日、会場受付にて現金でお支払いください。領収書をお渡しします。
会場 千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル 6階
(公財)フォーリン・プレスセンター 会見室 (アクセスはこちら
講師 若林啓史 東北大学法学研究科・公共政策大学院教授
プログラム 当協会は,「中東の新たな激動と海外安全対策」と題して,外務省から東北大学法学研究科・公共政策大学院に出向し,中東研究及び外交政策を専門分野に教授として活躍されている若林啓史氏を講師にお迎えし,1月講演会を開催いたします。

中東諸国は,宗教・民族間の主導権を巡る歴史的な対立を背景に,紛争・テロ,欧米の軍事介入など緊迫する事態が継続していましたが,イスラム国が終焉を迎えつつある一方で,日本人が多く渡航・滞在するアジアや欧州等世界各地にテロの脅威が拡散し,その手段も多様化しているのが現状です。

最近では,エルサレムをイスラエルの首都と認めるトランプ大統領の発言を火種として,欧米の足並みの乱れ,パレスチナ・イスラエル問題の再燃,サウジアラビア,エジプト,イラン,シリアなどを巡る対立関係の変化など,中東における新たな激動の兆候に目が離せない状況です。

本講演会では,中東問題・イスラム研究の専門家であり,シリアでのアラビア語研修後,激動の時代に長く外交官として中東諸国に勤務し,数々の劇的な事件に直面された経験をお持ちの講師から,特に標題の「中東の新たな激動と海外安全対策」をテーマとして,専門家の視点とご経験を踏まえて講演いただく予定です。

この地域に進出又は進出を計画されている企業等の危機管理担当者の皆様,或いは,出張等でこの地域に渡航を予定されている皆様ほかのご参加をお待ちしております。

「講師略歴」
若林啓史氏 東北大学法学研究科・公共政策大学院教授
外務省入省後,シリアにてアラビア語研修,英国オックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジ中東センターでの研究を経て,外務本省勤務のほか,在イラン日本大使館参事官,内閣府国際平和協力本部事務局参事官,在シリア日本大使館公使,在オマーン日本大使館公使,在イラン日本大使館公使などを歴任。現在,東北大学法学研究科・公共政策大学院教授として中東研究及び外交政策を専門分野に活躍。
お申し込み方法 こちらのページから必要事項を入力し、お申し込みください。